赤ちゃん 便秘 泣く

赤ちゃんが便秘で泣くのはつらいですよね。

便秘というと、大人、特に女性の悩みのような気がしますが、
実は赤ちゃんの便秘の悩みを抱えているお母さんも多いんです!

 

育児本やサイトなどを見ると、「うんちが3日も出ていない!」という話を見かけます。
大人だって、毎日出ていた人が、1〜2日はいいとして、3日も出なかったら、さすがにどうしようって悩み始めると思います。
ましてや、赤ちゃんは小さい体なのに、もう3日分もウンチが出ていないとなると、お腹が痛いんじゃないかとか、
特に初めての育児の場合は、不安で心配になるのも当然だと思います。

 

でも、基本は、たとえウンチが数日出なくても機嫌がよければ問題のないことなんです。

 

では、どの程度から便秘の心配をするのか?
赤ちゃん特有の便秘の症状や解消法などはあるのか?
新米ママの不安を少しでも解消できたらと思い、そういったことについて書いていきます。

 

新米ママにとって、子どもを持つまでは赤ちゃんが便秘するとは思わなかったと思うんですね。
赤ちゃんは成長も早いし、新陳代謝も活発だし、排せつもスムーズなんだろうと思っているから。

 

赤ちゃんは、離乳食が始まるまでは母乳やミルクが主なので、最初のころのウンチはユルユルです。
それを授乳のたびにする子もいて、おむつ替えが大変だったりします。
おむつ替えのタイミングが遅くてウンチがおしりについたままだったり、拭ききれないままでいるとおむつかぶれになり、赤くただれて痛がります。
その場合はおしりが痛いからウンチをしたがらないということもあり得ます。

 

ウンチは健康のバロメーターとも言われているように、
出産後は、看護師さんから授乳のたびにおむつをチェックするように指導されます。

 

健康な赤ちゃんのウンチの色は母乳かミルクで違ってきますが、
母乳の場合は、黄色でやや酸っぱいニオイはしますが臭くありません!

 

ミルクだけの場合は、多少茶色がかっていたり、母乳よりは乾燥している程度で、回数も少ない傾向にあります。
でも最近のミルクは母乳に近づけた成分のものもあるので、母乳の時のようにユルユルのウンチが出たりします。

 

いずれにしても赤ちゃんの腸内環境がよければ、善玉菌が数多く存在し、排便もスムーズです。

 

ただ、これが腸内にとどまる時間が長くなってくると色が変化してきます。
これは腸内にガスが溜まってきているからで、酸性に傾くと緑色に、色素が薄くなると白っぽくなります。

 

また、成長具合や体質に個人差があるように、ウンチの回数や硬さ、形状も変わってきます。
生後1か月までは授乳のたびにウンチする子もいれば、だんだんと成長するにつれ、
1日3回くらいから3日に1回などさまざまな赤ちゃんがいます。

 

基本的には赤ちゃんの機嫌も良く、痛がらなければ数日出ていなくても問題はないのですが、
今まで、スムーズに出ていたウンチがある日突然出なくなった!
新生児なのにいくら力んでも出ない、またはコロコロの硬い便が出る!
こういった場合は、注意が必要です。

 

また、普段は、赤ちゃんが苦しそうにしていない程度の量が出ていればOKで、
離乳食が始まっている場合は、肛門が切れるような硬さのコロコロ便だったり、痛がって泣くようだったら便秘と言えます。

 

 

当サイトおすすめの赤ちゃんの便秘解消方法を見てみる ⇒ こちら☆