赤ちゃん便秘解消方法 綿棒浣腸

赤ちゃん便秘解消方法 綿棒浣腸編

●浣腸

 

どうしても便が硬くてマッサージしてもなかなか出てこない、お腹が張って苦しそうという場合は、浣腸してあげましょう。

 

浣腸は即効性があるので、すぐに便秘の解消になる反面、それに頼ってしまう、くせになるんじゃないかって思われますが、
特に、赤ちゃんの頃はクセになる心配は少なく、むしろ便が溜まっている状態の方が苦しいですから、ラクにさせてあげましょう。

 

ここでは、赤ちゃんの便秘にもやさしい二つの浣腸の方法をご紹介します。

 

■イチジク浣腸

浣腸というと、真っ先に思い浮かぶのが「イチジク浣腸」です。
肛門に液体を入れて、腸を刺激し、運動を活発にして便を出しやすくしてくれるお薬です。

 

速効性があり、頑固な便秘に効くので、慢性の便秘の方だけでなく、環境やストレスなどの一時的な便秘にも、
年齢を問わず赤ちゃんからご高齢の方まで幅広く使用することができます。

 

赤ちゃんは飲む便秘薬が使えませんが、イチジク浣腸なら、お薬とはいえ主成分がグリセリン(目薬や貼り薬にも使われている成分)なので安心です。

 

ただ、3か月未満の赤ちゃんの場合は、必ず医師に相談のうえ使用します。

 

浣腸をお湯(40度くらい)に入れ、体温近くまで温め(熱くなりすぎないように注意)、1歳未満なら1回半分の量、1歳過ぎなら全量を入れます。
このときにノズルにベビーオイルやオリーブオイルなどを塗っておくとすべりやすくなります。
入れ終わったら、ティッシュなどで肛門をおさえ、しばらくがまんさせます。
そのあと、すぐにおむつなどをし、排便するのを待ちます。

 

イチジク浣腸は、速効性がありますが、何度も連用するのは避けます。
1歳以下の赤ちゃんは、排便機能の学習中でもあるので、なるべく自然排便を心がけるようにします。

■綿棒浣腸

先にも書いたように、肛門マッサージをしていて、それでもダメな場合は、綿棒を使って赤ちゃんの肛門に直接入れる方法があります。

 

綿棒はベビー用のでは細くて硬く、あまり刺激にならないのと、直腸を傷つけてしまう可能性があるので、大人用のものを使用します。
このときにすべりをよくするためにベビーオイルなどを綿棒の先に塗っておきます。
だいたい2センチ(綿球の部分)ほど入れたところで、くるくると動かして、直腸を刺激します。

 

この方法は速効性があって、すぐに大量の便を出す場合もありますので、新聞紙など、汚れてもいいように準備しておいてください。

 

ただ、赤ちゃんが痛がったり、綿棒浣腸して血が出てしまった場合はすぐに中止します。
出血がすぐに止まれば問題ありませんが、翌日まで続く場合は、傷つけてしまったかもしれないので受診してください。

 

綿棒浣腸は比較的即効性があるので、クセになるのでは?と心配になるかもしれませんが、
毎日やってでも赤ちゃんのウンチを出してあげた方が、慢性化にもならず、排便のリズムもつかめて便秘の予防になるとのことです。

 

 

当サイトおすすめの赤ちゃんの便秘解消方法を見てみる ⇒ こちら☆